FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち帰り謎情報その9◆夢散

封印解除メインビジュアル
<団体名>
夢散

<作品タイトル>
封印解除

<料金>
1200円

<コメント>
はじめまして。
持ち帰り謎を製作しております、夢散と申します。

今回は「封印」というコンセプトの元、本当に鎖を使ってグルグルに巻いてみました。
是非この封印をあなたの手で解除してください。

当持ち帰り謎は、ヒントページにて全ての問題のヒントを掲載しております。
謎解きを始めたばかりの方にもお勧めですので、是非お買い求めください。
スポンサーサイト

公演情報その8◆ASO部◆ASO部からの挑戦状~これが謎と呼べるのか?~

nazofes_top.jpg
<公演団体名>
ASO部

<公演タイトル>
ASO部からの挑戦状
~これが謎と呼べるのか?~

<公演内容>
ASO部メンバーとオリジナルゲームで対戦!
見事勝利すると謎に挑戦することが出来るぞ!
1対1の個人戦3種、2対2のタッグ戦1種の
計4種のオリジナルゲームを出展!
果たして、君はASO部の挑戦をクリア出来るのだろうか!?

<公演時間(プレイ時間+解説時間)>
個人戦3ゲーム :各10分~
チーム戦1ゲーム:30分~1時間

<公演参加人数>
1人~2人

<公演料金>
1000円
4つのゲームを全て1回ずつ遊べます。
つまり1ゲーム250円!

<公演スケジュール(予約可能数)>
入れ替え制での公演

<ひとこと>
え、謎祭りって、謎を解く祭りじゃなくて、謎の祭りですよね!?!?

持ち帰り謎情報その8◆ハテナボックス

双つ合わせーライトー
<団体名>
ハテナボックス

<作品タイトル>
双つ合わせーライトー
(謎フェス2014で販売した「双つ合わせ」のUI強化再販版です)

<料金>
600円

<コメント>
「また君か……」
ーうん、しばらくぶりだね

彼女はそう微笑み、鏡から現れる

ーとりあえず、世界を二つに分けといたから
 元に戻してごらん

戯れで2つに分けられた世界
彼女の気まぐれで始まるこのゲーム

ー真っ黒にねぇ、塗り潰すの
ー左右にわかれた2つの世界
ーもう一度、重ねることができたら
ーそこをね、塗りつぶせたら、逆転するよ

そう、終わらせる方法は、ただひとつ

本の中から
「おわり」をみつけるだけ

■制作者コメント
謎フェス2014で販売した高難易度持ち帰り謎「双つ合わせ」の少しだけ人に優しくなったバージョンです。中の問題自体は「双つ合わせ」と全く同じ内容ですのでご注意下さい。

それでも多分、難しい……。

持ち帰り謎情報その7◆常盤倶楽部

セルバの宝箱

<団体名>
常盤倶楽部

<作品タイトル>
JungleTreasure~セルバの宝箱~

<料金>
1000円

<コメント>
あなたは、ジャングル(スペイン語でセルバ)に隠された秘宝を探しに来た
探検家です。次々と現れる謎を攻略し、秘宝を見つけてください。

今回のコンセプトは「何度でも遊べる謎」
「謎解きは1回きりでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、
これは、
・自分が解いたら、他の人にも解かせてほしい。
・ニヤニヤしながら、他の人が解くのを眺めてほしい。
・謎解き知らない人が、気軽に謎に触れてほしい。
そんな思いで作りました。

なので、この持ち帰り謎、カードゲームで使う紙に印刷されてます(丈夫!)
しかもコンパクト。トランプと同じくらいの大きさ!

ちょっとカバンに忍ばせて、飲み会の席で出してみる。
そんな使い方をしてもらったら、うれしいかな。

持ち帰り謎情報その6◆バス謎制作連合

CrossWorld.jpg
<団体名>
バス謎制作連合

<作品タイトル>
CrossWorld

<料金>
300円

持ち帰り謎情報その5◆謎解き制作団体メルエ×謎解き団体雑把トルテ

ドラッグ九州
<団体名>
謎解き制作団体メルエ×謎解き団体雑把トルテ

<作品タイトル>
Drug-gain night

<料金>
1000円500円

<作品あらすじ>
あなたは薬剤師

さまざまな患者さんが持ってくる処方箋を元に
薬を調剤して患者に渡すのがあなたの仕事
ある夜、
思いつめた顔をした30代半ばの男性が
処方箋を持ってやってきた
処方箋の封を開けると・・・
中には主治医のメモと意味不明な紙が数枚
やっと一つとき終わったと思ったら
「実は、これも処方されてまして・・・」
と、次々に新たな処方箋を渡される。

あなたは無事この患者を
救うことができるだろうか?

持ち帰り謎情報その4◆脱出狂想曲

表紙 宣伝材料用
<団体名>
脱出狂想曲

<作品タイトル>
謎解きイベントの歩き方
謎解きイベントの歩き方Ver.2
謎解きイベントの歩き方Ver.3新作

<料金>
各1000円

公演情報その7◆ワンカルテット◆あるお祭り部の挑戦

お祭り部
<公演団体名>
ワンカルテット

<公演タイトル>
あるお祭り部の挑戦

<公演内容(あらすじ)>
「絶対に負けられない戦いがそこにはある」
世の中のテキ屋をことごとく攻略してきたお祭り部が
今回は攻略不可能といわれるテキ屋に挑む。
部員たちは見事攻略することができるのだろうか。
そして物語は予想外の展開へ・・・

(追伸)
参加者はお祭り部部員となりテキ屋攻略を目指してもらいます。
ストーリーを楽しんでもらうため謎はライトになります。
お気軽にお越しください。

謎の難易度:★☆☆☆☆
ストーリー:★★★☆☆
小ネタ度 :★★★★☆
おふざけ度:∞


<公演時間(プレイ時間+解説時間)>
35分(プレイ時間30分+解説5分)

<公演参加人数>
3人(1人~4人までは相談に応じます)

<公演料金>
1000円

<公演スケジュール(予約可能数)>
予約はこちらから
11:00~11:35(3)
11:50~12:25
12:40~13:15(3)
13:45~14:20
14:35~15:10(3)
15:25~16:00
16:30~17:05(3)
17:20~17:55
18:10~18:45(3)

持ち帰り謎情報その3◆NOIZUME

双子冒険譚
<団体名>
NOIZUME

<作品タイトル>
双子冒険譚

<料金>
1000円 A5サイズ40ページ(表紙・裏表紙含む)

<コメント>
ストーリーと謎解きが融合し、最後には驚きの展開が待っている、
そんな公演謎のような面白さを冊子で味わえる一冊です。
もしこの本を他の誰かが作り、自分が解く側だったら相当楽しめた
だろうな、と思える出来に仕上がりました。
少しでも多くの人に、楽しんでいただけたらと思っています。

公演情報その6◆CODE:5◆呪われたカラオケルーム

カラオケルーム
<公演団体名>
CODE:5
(VAKOG LINK様は団体名変更となりました)

<公演タイトル>
呪われたカラオケルーム

<公演内容(あらすじ)>
彼女はカラオケが好きだった
毎日のように来店しては
必ずその部屋を指定していた
そして、閉店時間になるまで歌い続けた
彼女はカラオケが好きだった
その日も大好きなカラオケに向かうために自転車をこいでいた
あのトラックが、左折して来るまでは
彼女はまだここに居る
この店が閉店するまでずっと
この部屋に入った者は666秒後に死を迎える
そして、そのデンモクに触れた者は彼女に呪われる
無事にこの部屋から出る方法は
ただ一つ
この部屋のどこかに隠された黄金のタッチペンを見つけ出し、閉店の合図である蛍の光を流す事
君はこの呪われたカラオケルームから
脱出する事は出来るだろうか

<公演時間(プレイ時間+解説時間)>
プレイ時間666秒+解説約3分

<公演参加人数>
最大4人

<公演料金>
999円

<公演スケジュール(予約可能数)>
予約はこちらから
11:15~11:30(4)
11:30~11:45(2)
11:45~12:00(2)
12:00~12:15(2)
12:15~12:30(2)

12:45~13:00(2)
13:00~13:15(2)
13:15~13:30(2)
13:30~13:45(2)
13:45~14:00(2)

14:15~14:30(2)
14:30~14:45(2)
14:45~15:00(2)
15:00~15:15(2)
15:15~15:30(2)

15:45~16:00(2)
16:00~16:15(2)
16:15~16:30(2)
16:30~16:45(2)
16:45~17:00(2)

17:15~17:30(2)
17:30~17:45(2)
17:45~18:00(2)
18:00~18:15(2)
18:15~18:30(2)

18:45~19:00(2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。